よこぴんの貯金箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 異色だけれど感動のウェディングソング

<<   作成日時 : 2017/06/10 07:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回のテーマは、ウェディングソングです

結婚式の定番曲も時代によって変わりますけれども、今、嫁ぐ娘を見送る父親と、嫁ぐ娘の気持ちを歌った曲が大注目されているんですと

それが、この歌


「なんですか、これ」てな声が聞こえてきそうですね

ワタクシも「ん」と思いました、最初はね。


こちら、今、結婚式で感動を呼ぶという「桐箪笥の歌」です

歌っているのはK−POPではなくJ-POPを歌うソウル出身のシンガーソングライター、Kさんです

抜群の歌唱力から紡ぎ出される桐箪笥の思い出のあれこれ、聞いていると胸にぐっとくるものがあります

では、K「桐箪笥のうた」Music Videoをどうぞ〜


いかがでしたか

もし、あなたがこれから嫁ぐ娘を持つ父親なら、あるいはこれから嫁ぐ立場の娘だったら・・・。

きっと共感するものがあるのではないでしょうか


感動の結婚式サプライズ!映像にも注目が集まっていて、Kさんの心に沁みる歌声が話題を呼んでいます

思わずKオフィシャルサイトをチェックしてしまいそうな、そんな優しい笑顔の持ち主のイケメンさんでもあります


桐箪笥が主役の曲がなぜウェディングソングとして注目を集めているかというと、この桐箪笥が父と母、そして娘の人生をずっと見守ってきたからなんです。

娘は自分の生まれたときの父のことを知りませんが、桐箪笥はそれをすべて見ています。

どこのお父さんもそうだとは限りませんが、きっとお父さんが娘を授かった時にはみんな似たような行動をとってきたのではないでしょうか

その様子を見事に歌いあげるKさんの歌声も相まって、感動の涙が止まりません


これから結婚式を挙げる予定がある花嫁さんは、この「桐箪笥の歌」を選んで、お父さんに感謝の気持ちを伝えるのもいいかもしれませんね

お父さん号泣で収拾がつかなくなっても責任はもてませんが・・・(笑)

きっと感動の挙式になると思います

ワタクシは結婚式の経験がないので、父がどんな風に感じてくれるのか想像する以外にないのですが、やはり寂しさを感じてくれるのではないかな、なんて思いますね。

幸せを祈りつつも、家族がいなくなるということは父親でなくても母親だったり、兄弟姉妹だったりしても寂しいものですから・・・

それが家族の愛、なのだと思います


以上、レビューブログからの情報でした

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
異色だけれど感動のウェディングソング よこぴんの貯金箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる